swfiFlashj̃C[W}Ă܂

Home > 活動報告

活動報告 Archive

全国商工会議所女性会連合会鹿児島大会

9月5日、6日に開催された鹿児島全国大会に、伊勢から12名が参加。

5日夜の懇親会では、美味しいお食事をいただきながら、地元演奏者によるアトラクションを楽しみました。

 

翌日の全国商工会議所女性会連合会鹿児島大会は、鹿児島アリーナで開催されました。

今回で18回目となる「女性企業家大賞」の最優秀賞には、

衣装レンタル業・株式会社ミスコンシャスの代表取締役社長・小山絵実様が受賞され、

 

「すべての女性に、“着飾る”よろこびを!」と若々しく、歯切れのいい受賞の言葉を述べられたのが印象的でした。

また、今年の特別功労者として、伊勢会の副会長・松本ゆかりさんが長年の功労に対して表彰されました。

 

 

 

総会後の記念講演では 作家の林真理子氏が、「私の仕事から」と題して講演されました。

昨年放映されたNHK大河ドラマ「西郷どん」のエピソードなどわかりやすく、面白く話され、その淡々とした語り口調に、みんな真剣に聞き入っていました。

全国大会終了後は、「維新ふるさと館」で幕末の歴史について学び、

薩摩藩主・島津家の別邸であった「仙厳園」(せんがんえん)では、「南の玄関口」と言われるほどのスケールの大きさに感動して、雄大な景色を堪能しました。

最終日には霧島神宮を参拝。霧島神宮は、天照大御神の孫であるニニギノミコトをお祀りしているとのことで伊勢とのご縁を感じます。

黒酢の郷や、坂本竜馬がお龍と新婚旅行で訪れた塩浸(しおひたし)温泉にも寄り、実り多い三日間の鹿児島大会となりました。

(石川順子)

“知識をつけよう~グラスアートの体験レッスン~”

826()

皆さんで集まって新しい知識をつけようという取り組みで

グラスアートの体験レッスンを行いました。

 

日本グラスアート協会認定講師の宮地うらら先生のご指導のもと

手鏡にカラーフィルムと鉛のリード線を貼ってデザインをしていきます。

 

意外と簡単に素敵に仕上がった!

色の組み合わせが難しかった!

というような声がありましたが、皆さん個性あふれる素敵な作品に仕上げておられました。

 

(家田 紋奈)

 

 

“伊勢に生まれた甲斐ありがたや 神のお傍で御塩道“

神宮さん古来の「御塩調進」にならい、二見神前海岸の海水でつくられた塩、「塩のみち」を二見から外宮さままで歩いてみえる皆さんを木遣り唄でお出迎えさせていただきました。

塩の櫃を担いでいる皆さんの額から流れる汗をみると、毎年胸が熱くなります。

 

「よし!」

外宮さまを見つめ木遣り唄を威勢よく唄う私たちは今年もまた、お出迎えの木遣りの出来る幸せを感じられる大切な一日となりました。

「エンヤー!」

(青木 千香)

七夕清掃

伊勢市の町中を流れる勢田川を天の川のように綺麗に!と

始まった“伊勢市七夕清掃”も7月7日に24回目を迎えました。

女性部花壇も勢田川沿いにあることから、毎年活動を続けています。

 

小雨の降る中、一般の方のたくさんの参加もあり、伸びた枝の伐採や草抜きで見違えるように綺麗になりました。

小雨の涼しい日でしたが、お手伝い頂いた皆さんにドリンクと飴のおもてなしで感謝の気持ちを伝えました。

ご参加頂いた皆さん、お疲れ様でした。また、ありがとうございました。

(中林 裕子)

第43回通常総会

小雨の降る中で、第43回通常総会が開かれました。

ご来賓は、専務理事の岩﨑様です。

ご挨拶の中に21世紀の平和・年金問題など、いつもながら最新版のうんちくのある話を興味深く聞かせて頂きました。

議案はまず平成31年3月までの事業報告。

各委員会が学んだ事、奉仕、仲間の輪を広げるための事業、すまいる連事業、他団体との交流・協力など多岐にわたる事業を活発に活動している様を報告、承認されました。

次に収支決算。これも監査をして適性を認められ、和やかな雰囲気の中終了。セミナーへと移りました。

今回のセミナーは当会員の竹中栄子さんに「UVしっとりハンドマッサージ」をご指導頂きました。

各々がペアになってハンドマッサージを体験。ピカピカふわふわになった手を見て感激。ペアの人は、より親密に仲良くなりました。

 

各委員会より「商いの発信」・自社のPRタイムあり、金魚の飴細工(アメシン作)のジャンケンでの争奪戦は熱がはいりました。

第43回通常総会は、盛会裡のうちにおひらきとなりました。

(吉川 真知子)

花壇整備

69()花壇整備を行いました。

 

それまで大変暑い日が続いていましたが、

この日は曇っていて涼しく作業がしやすかったです。

 

前回の草抜きを丁寧にしてもらっていたので、

赤、白、黄、ピンク、オレンジのポーチュラカ500株を

1時間程で植えることが出来ました。

 

作業を終えてから雨が降り出したのは、

私達の日頃の行いのたまものではないでしょうか。

 

雨に打たれる緑の葉っぱを見ていると、

ポーチュラカで彩られる花壇になるのが楽しみです。

                (中井由紀)

 

La Festa Primavera

 

春風の心地よい4月、伊勢すまいるちゃんがラフェスタプリマベラ2019に応援にかけつけました。

今回で11回目となるラフェスタプリマベラは、春の東海近畿地方の名所旧跡を駆け巡るクラシックスポーツカーの祭典です。

名古屋の熱田神宮を出発し、三重、和歌山、大阪から京都までの2府5県を駆け巡る、1250kmの旅で、今年も伊勢志摩に70台ものクラッシックカーが集結しました。

この競技は決められた区間を決められた秒数で走る計測競技で、1/100秒から1/1000秒の誤差を争う公道ラリーです。

スタンプ地点の外宮参道では、市長と一緒に伊勢すまいるちゃんも、花テラスちゃんと元気いっぱいにお出迎えをしました。

「伊勢志摩にようこそ」と感謝の気持ちを込め、掛け声と共に旗を振ると、ドライバーが笑顔で応えてくれました。

普段目にすることのない様々な形のクラシックカーを身近に感じ、その迫力と、ドライバーの出で立ちや立ち居振舞には高貴さが漂い、自然と気持ちも高ぶります。

志摩観光ホテルで一泊されたご一行を、翌朝は内宮おはらい町にてお出迎え。

伊勢すまいるちゃんも、京都までの旅の無事をお祈りし、心を込めてお見送りしました。

ものを慈しみ大切に使う心が失われつつある現代にあっても、古いものを慈しむ心を伝え続けていきたいというこの大会の理念は、歴史文化の継承を大切にする、伊勢の人々の心に通じるものがありました。

(浅沼 小百合)

第四十二回通常総会

三月二十五日、第四十二回通常総会が伊勢商工会議所にて三十一名の出席を得、開催されました。

新年度を迎えるにあたり石川会長議長のもと、三十一年度の事業計画(案)と収支予算(案)がつつがなく承認され、中村文香新会長から「感謝」のことばが随所におりこまれた女性部の活動指針を説明いただきました。

総会終了後は、ご来賓の岩﨑専務理事にご講話を頂戴いたしました。世界には王国と衆国があり、衆国の代表はアメリカ合衆国であること。アメリカの歴史をたどりながら大統領が代わる毎の国情変化を解説いただきました。

それに比べ王国は、王が代わってもぶれない、国情は安定していると。そして「さざえさん」の磯野家になぞらえて、日本の天皇家の神武天皇にたどり着く男系を説明いただいたのはすごくよく理解できました。

その後「第二回伊勢をみな塾」では「天孫降臨」の紙芝居を学び委員会が行いました。「第一回伊勢をみな塾」で山中一孝先生の「皇室のことは神話を語らずして語れない」とのお話を受け、新元号となる今このお話を選びました。

天照大御神の孫ニニギの命が天降られるお話ですが、ここに三種の神器が登場し「食物としなさい」と稲穂が託されます。

そして今現在も毎年十月に伊勢の神宮では天照大御神様に稲穂を奉り感謝を申し上げる神嘗祭が行われています。

「天の岩戸」「ヤマタノオロチ」等数多くの神話があります。伊勢の地に縁のあることを感謝し、日本の原点でもある古事記にも触れてみたいと思う一日でした。

(木下 幸子)

第4回花壇整備

3月23日(土)8:00より、勢田川沿花壇の草抜きを行いました。

このところの陽気に誘われ、うっそうと生い茂る雑草に「花は何処?」状態の花壇。

これは手強いと覚悟を決め、参加者の会話も途絶え黙々と作業すること1時間。

すっきり、爽やかな姿を現した花々に心癒され、平成最後の花壇整備を無事終了しました。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

(奥村 有紀子)

外宮奉納市 福島応援イベント

3月16、17日と行われる外宮奉納市で、福島県復興応援のブースやイベントが開催されると聞き、女性部も私たちが福島県の品物を買い物することで応援になるなら、と声を掛け合って参加しました。

奉納市のステージでは、復興に向けて進む、ハッピーな福島の魅力を伝えるために結成されたという、福島ハッピー隊の皆さんのパフォーマンスショーが行われ、カラフルな衣装のメンバーが元気いっぱいに歌や踊りを披露。

私たちも「こらんしょふくしま」などの踊りに、初めてながらもステージの下で楽しく参加し、ハッピーな気分を満喫です。

 

奉納市会場の「福島ブース」ではくるみゆべしや薄皮饅頭などのお菓子や喜多方ラーメン、あんぽ柿、桜麺やお米など様々な品物が並び、皆さん沢山の買い物をしていらっしゃいました。

福島県復興支援にと駆けつけたはずの私たちも、これまで知らなかったお菓子や珍しい食品を前に、あれやこれやと賑やかに品定めし、楽しい買い物のひとときをすごしました。

 

また、福島ブースでの買い物のでいただいた「ガチャガチャ」のくじ引き券では、福島の起き上がり小坊師や赤べこキーホルダーなどが当たり、良い思い出の品物となりました。

その他、福島県の出店業者さんの中に女性部の方がおられて、伊勢の女性部からの応援の言葉も伝えることが出来ました。

(髙瀬 静枝)

 

 

ホーム > 活動報告

最近の投稿
カレンダー
« 2019 年 9月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 【お問い合わせ】
 伊勢商工会議所女性部
 〒516-0037
 三重県伊勢市岩渕1丁目7番17号
 TEL 0596-25-5151
 FAX 0596-28-4181

Return to page top